どうしても車業界に入りたかった(22歳 │女性)

22歳女性
営業事務
リクナビNEXT

 

 

 車の街愛知県、私の周りの友達、先輩、家族もやはり車関係の業界で働く人が多く、色々仕事のやりがいや、楽しさなどを聞いていたので、私も同じような会社に入りたいとずっと思っていました。

 

 他の業界は頭にはなく、車関連の会社だけで行くことを決めて就職活動をしました。

 

 

 

 車の業界は理系が強いです。文系の場合語学が堪能とかでなければとても狭き門となります。

 

 履歴書に英検3級では面接で人事の人に笑われて終わっているという人もいて、なかなか厳しいと感じました。

 

 私も文系で特に資格があったわけでもなかったので苦労しましたが、英検の2級を取得したり、TOICを500点以上取得するなどして履歴書を埋めるのに苦労しました。

 

 途中から中国語も必要だとわかり、勉強し始めたのでそのこともアピールポイントにしました。文系は理系の人より色々苦労する点が多いのは確かです。

 

 

 

 こういった行外ではグループ面接が多いのですが、最初は出る杭は打たれると思ってあまり積極的に発言をしませんでした。

 

 ところが、これでは印象に全く残らないため大失敗、全然ダメでした。人事をやったことがあるという先輩にOG訪問した際に、もっと一番に答えるくらい積極的じゃなきゃダメだよと言われてその点を改善しました。

 

 

 

 忍耐力、アピール力、社会は厳しいということをとても沢山学びました。学生気分では絶対にダメです。人事の人はそれを見抜きます。

 

 強い口調で色々言われることもありますが、それに負けないくらいの気持ちが必要です。

 

 就職活動をする前よりも人間的にも強くなれたと思います。

 

 

 

 1年です。3年生の春過ぎくらいから資料集め、色々なサイトへの登録をしました。

 

 決まったのは4年生の12月でしたので遅いほうだと思います。1年間で50社ほど受けました。