仕事探しはいろんな方法があります

“正社員”だけが仕事探しじゃない!

 

 希望条件を緩く設定すると、検索結果にそれまで表示されたことが無かった会社が表示されることがよくあります。“正社員”という待遇にこだわりすぎるあまり、自分にとって向いている他の働き方に目がいかなくなってしまうのはもったいないです。

 

 自分にとって心引かれる働き方について情報収集をする必要があります。年齢が高くなるごとに正社員になる壁も普通は高くなりますが、今は「週4日だけ働く正社員」という雇用形態で募集をかけている会社や、在宅勤務が主の契約社員などいろんな働き方があります。

 

“職種”にこだわる人たちのための方法とは?

 

 どうしてもやってみたい職種があるのだけど、入職はかなり難しい、倍率が高い、ということでしたら、バイトや派遣という雇用形態で入職して、必死でやってみて、2年くらい実務経験を得て、正社員待遇での転職を狙うというキャリアプラニングもありです。

 

 転職は実務経験を重視されるので、実務が積めるなら非正規でも良いという選択肢もあるでしょう。「翻訳」や「通訳」など、語学系のプロフェッショナルを目指す人であれば最初から正社員はハードルが高いです。

 

 

【関連記事】