履歴書を書く前に確認をしておきたいポイントとは?!

履歴書は「フォーマット」を厳選しよう!

 

 文具屋や100円ショップで販売している「履歴書セット」は大半が新卒用フォーマットになっているってご存知でしたか?

 

 20代前半ならまだしも、30歳を過ぎていて、新卒用フォーマットで作成して送付すると、採用担当から“社会人としての常識がない”と判断されて落とされることもありえますので要注意です。

 

履歴書の「学歴・職歴欄」を書く注意点

 

 小学校から記載している就職希望者がいますが、通常は高校入学からで十分です。しかし採用担当が同郷の出身だったりすると面接の際に話が弾んで有利になることもあります。

 

 それから職歴の詳細な内容は職務経歴書に譲ります。履歴書はどんなに長くても1枚で、簡潔に分かり易く記載しましょう。

 

履歴書の「本人希望欄」の書き方

 

 特に書きたいことがなければ何も書かなくてもよいと言われているのが本人希望欄です。

 

 ヘタに「本社勤務希望」と書いて出すと、採用担当に“地方で実力を発揮してほしい”という考えがあると、“異動は嫌なのだろうな”と思われてしまう可能性があります。面接の段階ではあまりそういう希望を出さないほうがよいです。

 

 

【関連記事】