履歴書の“志望動機欄”はこういう点に注意しよう

応募先企業に“求められている実務能力”に注目しよう

 

 求人票や自社サイト、入社案内(会社に頼むと郵送してもらえます)を読んで、“今回の募集で求められている実務能力”を把握してから書くのがコツです。

 

 よく履歴書を使い回す人がいますが、絶対に不可です。志望動機欄は1社ごとに内容をまったく変えなければ意味がありませんのでご注意を。

 

自社サイトをよく読んで、自分が貢献できる箇所を探そう

 

 採用担当がその志望動機欄を読んでから、あなたが入社してから活躍しているイメージがわいてくるかどうか?が重要です。

 

 入社してからこういう仕事を任せることもできそうだ!という明るい展望が必要なのです。そのためには会社がやっているプロジェクトなどを一通り頭に入れておく必要があると言えるでしょう。

 

入社した後で役立ちそうなスキル・資格を明記しよう

 

 志望動機欄には入社したら役立ちそうな自分の経験をアピールすることが大事です。

 

 前職まででつちかったスキルのうちで、応募先企業で最も役に立ちそうな点をまとめて強調します。未経験職種なら自己啓発や資格取得など、入社意欲を感じさせる点をアピールします。

 

 

【関連記事】