就職の面接で最低限求められるマナーとは

ヘアスタイルと身だしなみに気をつけよう

 

 人間の第一印象を決定するのは、ヘアスタイルが8割とも言われます。ぼさぼさに伸びた頭、根元が変色しているカラーリングで受けに行って受かる会社は業種が限られていると考えましょう。

 

 自分に似合うヘアスタイルを美容師に提案してもらってイメチェンしただけで採用されやすくなるというケースもあります。清潔感を追及しましょう。

 

面接中は採用担当の顔から目を離さないようにしよう

 

 面接中は採用担当の顔から目を離さず、相手の目を見て会話することを心がけましょう。よく面接中にメモを取る人がいますが、採用担当の感想はまちまちです。

 

 メモを取るよりも、相手の表情から空気を読むことに集中したほうが、コミュニケーションがうまくはかどったという場合も多いのです。

 

携帯の電源は切ったかどうか?!確認をしよう

 

 会社の建物が見える位置までやってきたら、携帯の電源を切ったかどうか?!しっかり確認をします。

 

 マナーモードでも採用担当から分かる場合がありますから電源を切るほうが無難です。控室にいる時でも、スマホを取り出して見たり、メールを打つのは厳禁行為です。

 

 

【関連記事】