就職の面接で急増中の圧迫面接|その意図と対策

オリジナリティを引き出すため

 

 全ての企業や面接官が実施しているわけではありませんが、確実に増えてきている圧迫面接。特に就職の面接ではこの手法を取り入れるところが増えてきているようです。

 

 

 この圧迫面接が行われる理由を一言で表すと、「オリジナリティを引き出すため」と言えるでしょう。
 もちろん就職希望者のオリジナリティです。

 

 面接官がキツい言葉を投げ掛けたら、どんな反応をするのか。答えにくい質問をしたら、どう返してくるのか。こうしたことで就職希望者の個性を確認し、入社させる価値があるかどうかを決める材料とするわけです。

 

 

態度を崩さなければ大丈夫

 

 オリジナリティを引き出しチェックするという意図がある圧迫面接ですが、しかし、飛び切り癖のある個性を出さなければならないというわけではありません。あくまでもその人がどのような人物なのかを見るのが、多くの企業が圧迫面接を取り入れる理由。

 

 あなたは態度を崩さずに、そのまま何事もなかったかのように面接を受けていれば問題ありません。

 

 面接官がキツい言葉をあなたに投げ掛けた時、もしあなたが戸惑っていたり逆切れしようものなら、不採用が決定します。面接官が答えにくい質問をあなたにした時、もしあなたがオドオドしたり黙ってしまえば、これも不採用が決定。

 

 圧迫面接は態度を変えないのが鉄則。面接の中のひとつの“質問”と捉え、堂々と受け答えするように心がけましょう。

 

 

あらゆる圧迫の仕方を想像しておくことが大切

 

 圧迫面接といっても、そのパターンはひとつやふたつではありません。あらゆる経験者の体験談を持ってくれば、何十にも何百にも上るパターンが出てくるでしょう。そうしたパターンを頭に思い浮かべ、面接前にしっかりと耐性を付けておいてください。

 

 急に圧迫されるから焦ってしまうのです。あらかじめ想像し耐性を付けておけば、最初は少しビックリしたとしても、すぐに冷静になれるはず。

 

 リアルな想像ができればできるほど、圧迫面接への対策もしっかりとしたものになるでしょう。

 

【関連記事】