自分が入社して定年まで働く会社の入社契約書はきちんと確認をしよう

特に試用期間が設けてある場合の注意点とは?

 

 内定受諾したら雇用契約書(「入社契約書」とも呼ばれます)を交わしますが、この時に内容をしっかり確認して不明点が内容にすることが大事です。

 

 特に試用期間を設定してある場合は、期間がいつまで続くのか?チェックします。ブラック企業は雇用契約書を出さないとか、試用期間がずっと続く傾向がありますので要注意です。

 

「入社契約書を会社が発行してくれません」という人の場合は?

 

 中小企業や零細企業などは、内定受諾しても入社しても、入社契約書を会社が発行してくれません、ということがままあります。

 

 求人票や面接の際にあなたが聞いた話などをメモしておいて、後で会社に確認をしてもらって印鑑をもらっておくと確実です。周囲の社員はどうしているのか?質問してみるのもよいでしょう。

 

転職エージェントから転職するならこうした手続きは不要!

 

 内定受諾〜入社手続きは、給与の交渉などもあったりして大変なのですが、転職エージェントから転職した場合などは、こうした煩わしい手続きは転職エージェントが全部代行してくれますのでとても楽です。

 

 

【関連記事】