意義や解雇の正当性・不当性など、試用期間にまつわる情報を整理しておきましょう

何のためにある?入社直後の試用期間

 

 就職というのは、とても不安なもの。それがはじめて社会人として働くための活動となるのであれば、より慎重に、そして神経質になってしまっても仕方ありません。試用期間という制度についても極度に心配している人が多いようです。

 

 転職活動後、そして入社直後に経験することになるであろう試用期間という制度。これは、会社や上司が、新しく働き始めたあなたに対して、「採用したものの、本当に仕事ができるのか?」という点を中心に確認する期間と捉えておきましょう。

 

 役割としてはそれが大部分を占めますが、他にも、生活・勤務態度の見極めや、応募書類や面接で得た情報に嘘がなかったかなども確認されているはずです。

 

試用期間中の解雇は正当?不当?

 

 試用期間中に、解雇されてしまう人も中には出てくるでしょう。それは、正当な解雇の場合もあれば、不当な理由での解雇という場合も有り得ます。

 

 試用期間中の解雇が正当なものとなるには、客観的合理性や社会的相当性がなければならないと考えるのが一般的。会社にそれぞれ独自のルールがあり、「こうしたことがあれば解雇の検討対象となりますよ」というような文言が就業規則に書いてあるケースも少なくありません。

 

 ただ、そもそもその会社の独自のルール自体が、客観的合理性や社会的相当性というものからかけ離れていれば、その解雇は不当なものとなり、裁判で会社側が負けてしまう可能性も考えられます。

 

解雇に必要な「客観的合理性」や「社会的相当性」とは?

 

 ちょこちょこと出てきた、「客観的合理性」や「社会的相当性」とは、そもそも一体何なのでしょう。簡単に言えば、「常識的であるかどうか」、となるのかもしれません。

 

 誰が聞いてもおかしいよね、と思われてしまうものは、客観的合理性や社会的相当性に当てはまるとは言えず、解雇されても不当なものとなり、無効を訴えることができるでしょう。

 

 例えば、指示を全く与えないのに「仕事ができない」という理由で解雇すれば、それは常識的に考えて会社側に非があると考えられます。試用期間とは教育期間でもあるわけですから、こうした解雇は認められず、就職者にはそこで働き続ける権利が認められるはずです。

 

 

【関連記事】