就職するのに必要な5つの準備

 道のりはそれぞれあるけれど、目指すべきゴールはみんな一緒の就職活動。充実した社会生活を送れるようになるよう、誰もが精いっぱいの努力をしています。できれば周りのみんなと一緒に同じ喜びを分かち合えるよう、切磋琢磨や協力を惜しまないようにしましょう。

 

希望している企業の将来性はどうなのか?

 

 まずは自己分析を行い、自分の性格や適性、希望する職種や業種について分析をしてみます。同時に業界動向の分析や企業分析も行い、就職を予定している業界や企業に本当に将来性があるのか見定めましょう。友だちや家族からの「第三者の意見」を聞くのもおすすめです。

 

【参考記事】

 

 

複数の就職サイトを利用してみよう

 

 求人情報はありとあらゆる場所から見つけることが可能です。例えば、民間の職業安定所であるハローワークはとても有名ですが、それ以外にも大手リクルート系企業が運営している求人サイトでの求人検索が主流になっています。複数のサイトに登録し、情報の精度を上げるようにしましょう。総合サイト・職業特化型サイトなど目的別に登録するスタイルが一般的です。

 

【参考記事】

 

 

 

間違えのない履歴書を作成すること

 

 就職活動や転職活動においては履歴書や職務経歴書の提出が求められます。このときに絶対に避けたいのは、周りの意見を聞かずに独りよがりの状態で書類を作成してしまうことです。常識を知らないまま書いてしまうと選考に受かる書類を作成することは不可能なのです。必ず関連書籍を読んだり周りのアドバイスを仰いだりしながら作業するようにしてください。

 

【参考記事】

 

 

マナーや質問の練習をする

 

 入学試験の面接、資格試験のための面接など、世の中にはたくさんの面接現場があります。しかし、どれも準備なしにうまくこなすことができないことに変わりはありません。それは就職活動の面接であっても同じことですので、予想される質問への答えや面接マナーなどを事前に練習しておきましょう。

 

【参考記事】

 

 

 

自分のあっている企業なのか再確認をする

 

 就職活動は内定をもらって終了というのではありません。スムーズに入社し、充実した社会生活を送るようになるまでが就職活動なのです。最後まで実りの多い就職活動を行うために、給与額や勤務地、勤務時間など契約書の内容をきちんと確認しておきましょう。

 

 

【参考記事】